建築の記憶 写真と建築の近現代
a5161 a5161 a5161

建築の記憶 写真と建築の近現代

Remembrance of Places Past | Japanese Architectural Photography from the 19th to the 21st century

記録として撮影された明治期の建築写真から、建築の魅力を独自の表現で切り取った現代の写真まで約400点余りを以下の7章構成でまとめたもの。論考も充実。2008年東京都庭園美術館における展示に際し刊行の図録カタログ。
ハードカバー。状態良好。正誤表付属。

第1章建築と写真との出会い 横山松三郎が撮影した江戸城など。
第2章近代建築へのまなざし 小川一真の撮影した東宮御所など。
第3章建築史学構築のための写真 伊東忠太の残したフィールドノートなど。
第4章写真がとらえたモダンの相貌 ハナヤ勘兵衛が光画に掲載した建築写真など。
第5章写真家の目、建築家の仕事 渡辺義雄や村井修が撮影した近代建築群など。
第6章日本建築の美 石元泰博の撮影した桂離宮など。
第7章現代写真の建築 杉本博司、畠山直哉、鈴木理策らの建築写真など。


東京都庭園美術館, 2008

日本/英語 | 26x19cm | 340pp.

     
  •   Share on Tumblr