Le Pont Transbordeur et La Vision Moderniste
a5435

Le Pont Transbordeur et La Vision Moderniste

6 décembre 1991 / 2 février 1992, Musée Cantini

¥ 4,500 + 税

1905年に建造されたマルセイユ港の橋脚型クレーンは、当時、新しい時代の到来を告げるマシンエイジを象徴する超巨大機械として多くの写真家らの被写体となった。本書は、「Métal」(Librairie des Arts Décoratifs/1928)で有名なGermaine Krull、そしてLàszlò Moholy-Nagy、Man Ray、Herbert Bayer、Roger Parry、François Kollar、Florence Henri、Marcel Bovis、Eugene Batzといった当時の著名写真家らが撮影した写真を集めて編集したもの。フランスのMusées de Marseille / Réunion des Musées Nationauxを巡回した展示に際して刊行。ソフトカバー。表紙うっすら黄ばみ。


Musées de Marseille / Réunion des Musées Nationaux, 1992

仏語 | 30x23cm | 144pp. | モノクロ

       
  •   Share on Tumblr