Beats à Paris: Paris und die Dichter der Beatgeneration 1957-1963 | Harold Chapman
a5462 a5462 a5462

Beats à Paris: Paris und die Dichter der Beatgeneration 1957-1963 | Harold Chapman

Beats in Paris: Paris and the Poets of the Beat Generation 1957-1963 | ハロルド・チャップマン

50年代末から60年代初頭、Gregory Corso、Allen Ginsberg、William S. Burroughsら、ビート文学の著名人らがかつて暮らし、仲間内でThe Beat Hotelと呼ばれた安ホテルがパリのカルチェ・ラタンにかつて存在した。イギリスの写真家Harold ChapmanはひょんなことがきっかけでAllen Ginsbergと知り合い、このホテルに出入りする人々を撮影していく。ちなみにWilliam S. Burroughsがあの「Naked Lunch(裸のランチ)」を書き上げたホテルがここ。ニューヨークの伝説のホテルChelsea Hotelのような場所だ。ハードカバー。エッセイや写真キャプションを英訳した小冊子付属。状態良好。


Edition Michal Kellner / OMC Communication, 2001

独語 | 23x23cm | 121pp. | モノクロ

 
  •   Share on Tumblr