Marion Post Wolcott: FSA Photographs
a5673

Marion Post Wolcott: FSA Photographs

マリオン・ポスト・ウォルコット

1920年代末の世界恐慌で不況にみまわれるアメリカ国内の農村の現状を記録もしくはその救済を国民に喚起すべくスタートしたFSAプロジェクトは写真史上に有名だが、Walker Evansはじめとする一部の写真家がクローズアップされる一方、それ以外の写真家は割合軽視され単独の写真集は意外とそう多くない。Marion Post Wolcott(1910-1990)は、そんな写真家のひとり。ソフトカバー。状態良好。


The Friends of Photography, 1983

英語 | 28x23cm | 48pp. | モノクロ

   
  •   Share on Tumblr