HIROSHIMA 1958 エマニュエル・リヴァ 港千尋他編
a5761

HIROSHIMA 1958 エマニュエル・リヴァ 港千尋他編

HIROSHIMA 1958 - photographies: Emmanuelle Riva | edited by Chihiro Minato and Marie‐Christine de Navacelle

アラン・レネ監督、マルグリット・デュラス脚本による日本・フランス合作映画「ヒロシマ・モナムール」(邦題「二十四時間の情事」)。その主演女優エマニュエル・リヴァがロケ中に撮った写真がパリで発見された。1958年の広島。真新しい市民球場と太田川河畔の風景、無心に遊ぶ子供たち、密集するバラック、商店街の活気溢れる様子…。当時の広島をとらえた貴重な写真に加え、映画製作をめぐるレネからデュラスへの手紙、リヴァへのインタビュー、港千尋のエッセイ他、貴重な資料図版50余枚を収録。広島を舞台に、日本とフランスの視線が交錯する、歴史的にも映画史的にも価値の高い写真集。日仏同時刊行。【以上版元より引用】
ハードカバー。シュリンク未開封新品同様。


インスクリプト, 2008

22x24cm | 109pp.

  
  •   Share on Tumblr