Subjektive Fotografie 2: Ein Bildband Moderner Fotografie | Otto Steinert
a5868 a5868 a5868 a5868

Subjektive Fotografie 2: Ein Bildband Moderner Fotografie | Otto Steinert

Un Recueil de Photographies Modernes Européennes / A Collection of Modern European Photography

リアリズム写真が戦後のメインストリームだったのは日本だけでなく西ドイツも同様で、そこからのセセッショニズムの一種として、そしてナチズムで断絶した20-30年代ドイツ新興写真への再接続の動きが見られた。それは写真家のOtto Steinertらが中心となり結成された”FOTOFORM”が母体となって、既存の写真表現の拡張を試みる動きとして1951年に「Subjektive Fotografie(主観主義写真)」展となって結晶。本書は1954年に開催された第2回目に伴い1955年に発行の作品集。1952年発行の1回目の作品集には居なかったが、こちらには樋口忠男、本庄光郎、石元泰博、大藤薫、迫幸一、渋谷龍吉、高田皆義、八木治といった日本人写真家の名が多く見られる。グラビア印刷。
ハードカバー。表紙カバーのエッジに微小の痛み。経年の黄ばみ。


Brüder Auer Verlag, 1955

独/仏/英語 | 30x23cm | 写真図版111点 | 112+39pp. | モノクロ

              
  •   Share on Tumblr