Transparencies: Small Camera Works 1971-1979 | Stephen Shore
a5922 a5922

Transparencies: Small Camera Works 1971-1979 | Stephen Shore

Transparencies: Small Camera Works 1971-1979 | スティーブン・ショア

Transparencies、つまりカラーリバーサルのこと。Stephen Shoreがニューカラーの傑作と評価の高い1982年刊行の「Uncommon Places」の制作時、撮影に使用した8×10に加え、ライカも同時に携行していたという。35mmフィルムの軽快さは作品にパーソナルな要素をもたらし、コダクロームの色味もともなって、別物のUncommon Placesの様相をもたらしている。LACMA(ロサンゼルス・カウンティ美術館)のキュレーター、Britt Salvesenによる論考を掲載。
ハードカバー。新刊。


Mack, 2020

英語 | 30x31cm | 192pp. | カラー

  •   Share on Tumblr