分離派建築会100年 建築は芸術家か?
a6056

分離派建築会100年 建築は芸術家か?

100 Years of BUNRIHA: Can Architecture Be Art?

古典的装飾を用いた旧来の西洋建築様式からの脱却を目指し、日本の近代建築運動の魁となった分離派建築会(石本喜久治、瀧澤眞弓、堀口捨己、森田慶一、矢田茂、山田守、大内秀一、蔵田周忠、山口文象)の全容について紹介。ソフトカバー。帯付き。状態良好。美本。


パナソニック汐留美術館 / 京都国立近代美術館, 2020

日本/英語 | 25x19cm | 275pp.

  •   Share on Tumblr