TANGE BY TANGE 1949-1959 丹下健三が見た丹下健三
a6104

TANGE BY TANGE 1949-1959 丹下健三が見た丹下健三

TANGE BY TANGE 1949-1959. Kenzo Tange As Seen Through The Eyes of Kenzo Tange

戦後日本を代表する建築家丹下健三は写真をこよなく愛し、自らの作品や家族のみならず、日本の古建築を数多く撮影してきた。また1960年には石元泰博、ワルター・グロピウス、ヘルベルト・バイヤーと共に写真集「KATSURA(桂)」を出版したことでも知られる。本書は丹下が主に50年代に撮影した写真を35mmフィルムのコンタクトシートで振り返り、丹下の作品群や丹下の古典建築解釈がいかようなものであったかを明らかにしている。編集を豊川斎赫。監修を岸和郎、原研哉。
ハードカバー。帯付き。新刊。


TOTO出版, 2015

初版 | 日本/英語 | 31x28cm | 251pp.

 
  •   Share on Tumblr