グラフィカ no.3 2009
a6192

グラフィカ no.3 2009

Grafica no.3 2009

自主ギャラリー「ガレリアQ」が発行する写真誌「グラフィカ」の第3号。「Bridge」「島」「遊覧船」という編集方針や主体の異なる3つのミニコミ誌が1冊に合わさった形態をとる。
ソフトカバー。状態良好。
【メール便発送】

    bridge
    「今和次郎の写真帖 震災バラック+民家+欧州視察」
    今和次郎「バラック建築の思い出」抜粋、スケッチ。藤森照信氏、中谷礼仁氏のインタビュー
    写真帖を再現した観音びらき二カ所を含む47頁。
    「炭焼物語」
    1950年代末から、北上山地のただ中、岩手県下閉伊郡岩泉町で、
    中学校教師のかたわら「炭焼き」を記録していた畠山剛氏の写真特集。
    山間地の厳しい環境のなかで炭焼きを生業とする人々の姿、暮らし。
    「磁気と電磁波で視る」another eyes 第三回


    星 玄人/「星屑の町」大阪西成地区の不思議な人々と町
    伊藤愼一/「Astral Bridge」新宿、山谷、千葉の海岸。街とearth
    菊地昇/「reflections」リー・ペリー、チャールズ・ミンガス、デビッド・バーン、ジョンルーリー等、
    反骨精神溢れるミュージシャンたちの貴重なポートレイト
    問題作、観察映画「精神」想田和弘監督インタビュー、「虚構とドキュメンタリー」菊池豊、他

    遊覧船/写真で見る現代の風土記
    「遊覧史第三回/野菜・土・農民 /1993-2009」丹野清志
     全国の様々な野菜と農の暮らしを記録してきた十数年をふりかえり、野菜という食べ物から
     農業の今を見る、考える。
    「野ざらし紀行第三回/瀬戸内塩田・坂出、宇多津」
    「生類伝第三回/猪の罠猟」、「農機具詩集」阿部利勝
    「波の国」中居裕恭 漁港を巡り、男たち、女たち、町の貌を撮る。


ガレリアQ, 2009

28x21cm | 208pp.

    
  •   Share on Tumblr