日本 NIPPON
a6250 a6250 a6250 a6250

日本 NIPPON

国際文化振興会発行 / 日本工房制作

日中戦争の開始後に本格展開した対外宣伝活動の一貫で、外務省の外郭団体である国際文化振興会が1938年に発行した折本写真帖。日本工房の名取洋之助、木村伊兵衛、堀野正雄、渡辺義雄、土門拳、藤本四八、岡田紅陽ら撮影のストックフォトを巧みに構成した裏表計33点からなるフォトモンタージュとなる。熊田五郎によるデザインと構成。奥付頁はなく裏表紙にエンボスで日本工房制作の記載があるだけ。国際文化振興会の出版物は他に木村伊兵衛の「Japanese School Life Through The Camera」(1937)や、ドイツで行われた日用品展カタログ「Japanische Gebrauchsgegenstaende」(1938)などが有名。尚、Martin Parr/Gerry Badger「The Photobook」で紹介されている「NIPPON」はタイトルが赤字になっている。
表紙擦れ銀箔一部剥がれ、エンボスタイトル一部薄れ。本体内部は軽微の擦れの他は経年良好。綴じ良好。


国際文化振興会, 1938

英/独/仏語 | 27x30cm | モノクロ

      
  •   Share on Tumblr