Richard Avedon. The Minneapolis Institute of Arts July 2-August 30, 1970
a6364 a6364

Richard Avedon. The Minneapolis Institute of Arts July 2-August 30, 1970

リチャード・アヴェドン回顧展 ミネアポリス美術館 1970

当時ベトナム反戦運動が盛り上がりを見せていた1970年夏。ミネアポリス美術館(The Minneapolis Institute of Arts)で開催されたRichard Avedonの大規模な回顧展に際し刊行の図録ポートフォリオ集。これはAvedonが作品に強い政治色を込めた展示として知られ、裁判の結審が終わったばかりのシカゴ・セブン(1968年シカゴ民主党大会で反戦暴動を扇動した罪で逮捕された7人)のメンバーらの高さ2mに及ぶ肖像写真と、裁判での彼ら被告たちの証言音声が室内に流れる展示が、大いに話題を呼び、オープニング時にはミネアポリスの若者たちが自然発生的に集まり平和集会も開かれたという。

シルバーの紙ケースを開くと、12ページの展覧会カタログ、ポスター状の作品一覧とともに、展示レイアウト考案時に使うサムネイルプリントのようなものが10葉付属し、一緒に綴じられたパラフィン紙にはAvedonのシカゴ・セブンに対する支援のステートメントが寄せられている。キュレーションはDavid Ryan。カタログには当時Avedonのプリンターを務めていた坂田栄一郎のクレジットも見受けられる。尚、シカゴ・セブンの写真は展示がギリギリになって決まったため本カタログには掲載されていない。

紙ケースに擦れ傷/ヨレ。ポートフォリオに一部折れ。


Minneapolis Institute of Arts, 1970

英語 | 24x23cm | モノクロ