WAR: The Camera's Battlefield View of Man's Most Terrible Adventure, From the First Photographer in the Crimea to Vietnam
y0326

WAR: The Camera's Battlefield View of Man's Most Terrible Adventure, From the First Photographer in the Crimea to Vietnam

写真が記録した最初の戦争とされるクリミア戦争(1854-56)から始まり、ベトナム戦争まで。南北戦争(1861-65)、普仏戦争(1870-71)、米西戦争(1989-99)など写真史初期の頃の戦争記録写真を多数収録する。アルバート・リヴェンタル(Albert R. Leventhal)によるテキスト。ハードカバー。年代なりの黄ばみ。中身は良好。


Ridge Press, 1973

初版 | 英語 | 29x23cm | 252pp. | モノクロ

  
  •   Share on Tumblr