The Book of 101 Books: Seminal Photographic Books of the Twentieth Century | Andrew Roth
b1156 b1156

The Book of 101 Books: Seminal Photographic Books of the Twentieth Century | Andrew Roth

アンドリュー・ロスの101冊

NYでギャラリー兼出版社を営むと共に、写真集コレクターでもあるアンドリュー・ロス(Andrew Roth)が、古今東西の写真集のなかで、自らの視点でベストな本101冊を選び出した書。1907年のエドワード・カーティスの写真集から始まって、以下、写真史に残るレア本の数々が一同に紹介されてゆく貴重な資料集。この「ロスの101冊」、そしてマーティン・パーの「The Photobook」に掲載された本は、おしなべて価格が上昇したことはつとに有名。表紙カバーにごくわずかなヤケ。それ以外は良好。


Roth Horowitz, 2001

英語 | 31x25cm | 305pp.

  •   Share on Tumblr