Paterson | George A Tice
b1201 b1201 b1201

Paterson | George A Tice

パターソン | ジョージ・A・タイス

1965年、陽光豊かで開拓されたばかりの土地に新しい建物が目立つ西海岸カリフォルニアへの旅行から、地元東海岸ニュージャージー州へと帰ってきた写真家ジョージ・タイス(George A Tice)が、曇りがちの天気に古びた建物がひしめく街パターソンに、改めて被写体としての魅力を再発見する。蔵書印有り。ハードカバー。表紙カバー欠。


Rutgers University Press, 1972

英語 | 29x29cm | 120pp. | モノクロ

  
  •   Share on Tumblr