Zwolf - Twelve | Candida Höfer
a6775 a6775

Zwolf - Twelve | Candida Höfer

Zwolf - Twelve | カンディーダ・ヘーファー

オーギュスト・ロダン(1840-1917)の彫像作品「カレーの市民」(1888)について、東京の国立西洋美術館を含め世界に散らばる12群のエディション作品の撮影を、カレー市がCandida Hoferに依頼。Hoferは、各彫像のディテールではなく、背景をしっかり取り込み、且つ師であるベッヒャーのそれのごとく一定の光量のもと撮影したそれらを一同にまとめた1冊。「カレーの市民」とは英仏間の百年戦争の最中起きたカレー包囲戦における故事に基づく作品。包囲解除と引き換えに自ら犠牲となることに応じた6人の市民の彫像制作を当時のカレー市がオーギュスト・ロダンに依頼したが、ロダンは市が想定していた英雄像ではなく、死への恐怖や苦悩に慄く人物像をリアルに具象化した。それは完成引き渡し後も暫く設置されなかったという。
ハードカバー。表紙カバーのエッジに極微のヨレ。

Schirmer / Mosel, 2001

独/英語 | 29x24cm | 85pp.

¥ 3,300 (税込)


You cannot copy content of this page