貧困線 チョウ・アンド・リン
a6844 a6844 a6844 a6844

貧困線 チョウ・アンド・リン

The Poverty Line | Chow and Lin

チョウとリンは、世界6大陸の36都市を訪れ、食料に関する貧困を調査しました。地元の市場で、野菜、果物、穀物、たんぱく質、スナックなど、各国政府が定めた貧困線の定義に基づいて、1日に買える量の食料を購入、その日の地元新聞の見開きに、山積みにした食料を乗せ撮影しました。ビジュアルタイポロジーとアーティスティックリサーチを指針とし、照明や撮影距離を調整して、統一感と比較可能性を確保しています。
また、世界的な現象である貧困線をめぐる問題に光を当てたテキストが添えられ、国連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が掲げる17の目標のうち最初の目標「あらゆる形態の貧困をなくす」が、私たちの社会課題でもあると視覚的に示そうと試みています。
(以上版元より)
ソフトカバー。状態良好。日本語版ダストジャケット。

貧困線とは「等価可処分所得(世帯の可処分所得(収入から税金・社会 保険料等を除いたいわゆる手取り収入)を世帯人員の平方根で割って調整 した所得)の中央値の半分の額」(厚生労働省より)。

Lars Muller Publishers / Actes Sud / RPS, 2021

英語 | 29x22cm |

¥ 5,500 (税込)

TAG

You cannot copy content of this page