実験工房と瀧口修造 第11回オマージュ瀧口修造展
b1389 b1389 b1389

実験工房と瀧口修造 第11回オマージュ瀧口修造展

Experimental Workshop and Shuzo Takiguchi

実験工房の1951-57年にわたる仕事を、大辻清司、北代省三、武満徹といった同人作家たちの作品や様々な論考と共に振り返る。佐谷画廊で「オマージュ瀧口修造」という企画で毎年開催されていた展示に際して刊行。瀧口修造の「実験の精神」の再録の他、「<実験工房>と美術の脱領域」山口勝弘、「<実験工房>による音楽の変革と拡張」秋山邦晴など。巻末には豊富な写真図版を多用した詳細な年譜。ソフトカバー。半透明カバー欠。背表紙底辺に軽微な角打ち。


佐谷画廊, 1991

和英併記 | 28x23cm | 135pp.

          
  •   Share on Tumblr