Jacob A. Riis Photographer and Citizen
b2214

Jacob A. Riis Photographer and Citizen

Jacob A. Riis Photographer and Citizen | ジェイコブ・リース

ニューヨークのスラムや移民、児童労働の実態を記録したジェイコブ・リース(ヤコブ・リース 1849-1914)の写真集。ジェイコブ・リースが生存中に写真家としての名声を求めなかったため、死後50年あまりにわたり史家から無視された存在だったが、同じく写真家のアレキサンダー・アラン(Alexander Alland)が再発見。遺族が保管していたガラスネガがもととなり、こうして陽の目を浴びた。19世紀末NY貧民街の貴重な記録写真となっている。初版は1973年。ジェイコブ・リース自身もデンマークからの移民だという。アンセル・アダムスによる序文。ソフトカバー。背表紙ヤケ。それ以外は良好。


Aperture, 1993

新版 | 英語 | 23x27cm | 写真図版82点 | 220pp. | モノクロ

   
  •   Share on Tumblr