続センチメンタルな旅 沖縄編 荒木経惟
b2243 b2243 b2243 b2243

続センチメンタルな旅 沖縄編 荒木経惟

Sequel Sentimental Journey Okinawa | Nobuyoshi Araki

ゼロックス写真帖(1970)、センチメンタルな旅(1971)、東京(1973)などと並び、荒木経惟の初期の貴重な私家版写真集のひとつ。
電通時代の荒木が、自民党による沖縄復帰キャンペーンの依頼仕事で、返還前の沖縄に渡り余暇に撮影した写真からなるのだが、実際ここに収録された沖縄写真は僅かで、妻陽子や、抽象的な日常の断片で主に構成されている。しかし、その絶妙とも言うべき写真配置順もさることながら、すべて縦位置となった写真図版をノド元に配置したことにより生じた、ページ両隅の半分を占める余白部分が、一種、不思議で独特なリズム感をもたらしていることに気づく。刷りは「水着のヤングレディ」や複写集団ゲリバラ5の高瀬芳夫の「便所」と同じ印刷所。

後日談だが、表紙写真は、実際に荒木経惟が撮影したという自民党沖縄復帰キャンペーンのポスターだという。だがご覧の通り裏焼きのポスターを使ってしまったことが、クライアント様の自民党に対し大変失礼だということで当時の電通上層部の逆鱗に触れてしまい、それが荒木の電通退社のきっかけになったのだという。電通と自民党が当時からベッタリだったことを象徴するエピソードでもある。。。(2020年6月追記)

ソフトカバー。小口にシミ。それ以外は良好。
表紙に荒木経惟による直筆サイン入り。


荒木経惟, 1971

限定1000部 | 13x18cm | 写真図版199点 | 200pp. | モノクロ

 
  •   Share on Tumblr