写真家100人 顔と作品
y0534

写真家100人 顔と作品

100 Photographers, Profiles & Photographs

カメラ毎日の創刊20年記念別冊。100人の写真家の自選作品、それぞれのポートレート、人物評、略歴を載せるというもの。面白いのは、ポートレートと人物評を、弟子なり親しい知人なりが撮影し、執筆しているところ。例えば、荒木経惟は寺山修司、篠山紀信は沢渡朔、土門拳は三木淳、東松照明は森山大道と言った具合。深瀬昌久の場合は、妻洋子・・・そのタイトルも「救いようのないエゴイスト」。ソフトカバー。背表紙エッジに擦れ傷。年代なりの黄ばみ。


毎日新聞社, 1973

222pp. | 24x26cm | モノクロ

       
  •   Share on Tumblr