荒木経惟の偽日記
b2510

荒木経惟の偽日記

Pseudo Diary | Nobuyoshi Araki

荒木経惟が、日付入り写真を載せ始めたのは、この写真集から。タイトルの偽日記の由来は、最初の写真の日付が’79 4 1’(エイプリール・フール)となっていることから。当時常用していた、ミノルタハイマチックAF・Dは、日付を自由に変えることができるもので、撮影の度にダイアルをいじり、一年間デタラメな日付で写すことができた。平岡正明による巻末のあとがきには、電通時代の荒木経惟の下駄履き出勤(荒木経惟の実家家業は下駄商)についての裏話や、ゼロックス写真帖の詳しい解説が掲載されている。末井昭のデザイン。ソフトカバー。スリップケース入り。帯欠。背表紙に、スリップケースのホッチキス針との擦れによる傷。小口黄ばみ。それ以外は良好。初版1刷。


白夜書房, 1980

初版第1刷 | 17x26cm | 写真図版数285点 | モノクロ

    
  •   Share on Tumblr