東京日記 1981-1989 | 荒木経惟
b2739

東京日記 1981-1989 | 荒木経惟

Tokyo Self Diary 1981-1989 | Nobuyoshi Araki

¥ 1,000(税込)

『写真時代』1981年9月1日号から、『写真世界』1989年4月1日号までに掲載された日記集。以下、参考までに本から引用。ソフトカバー。帯欠。年代なりの黄ばみ。表紙に1cm弱の破れ1箇所。

1985.7.14 明るい部屋。結局のところ私が、私を写した写真を通して狙うもの(その写真を眺める際に<志向するもの>は、「死」である。「死」がそうした「写真」のエイドス(本性)なのだ。それゆえ、写真を撮られるとき、私ががまんできる唯一のもの、私が愛し、親しみを覚える唯一のものは、奇妙なことに、写真機の音だけである。私にとっては、「写真家」を代表する器官は、眼ではなく(眼は私を恐怖させる)、指である。つまり、カメラのシャッター音や乾板をすべらせる金属音(写真機にまだ乾板が使われているなら)と結びつくものである…


河出書房新社, 1989

初版第1刷 | 15x26cm | 380pp. | モノクロ

    
  •   Share on Tumblr