不知火海 水俣・終りなきたたかい | 石牟礼道子編 W.ユージン・スミス
b0176

不知火海 水俣・終りなきたたかい | 石牟礼道子編 W.ユージン・スミス

熊本県出身の作家、石牟礼道子(いしむれ・みちこ 1927-)が編んだ、水俣病とたたかう人々のくらし、工場の現状、裁判のようす。患者ひとりひとりに寄り添った石牟礼道子のエッセイとW.ユージン・スミス(W. Eugene Smith)の写真のレイアウトが素晴らしい。巻末に、石牟礼道子とW.ユージン・スミスの鼎談を収録。カバーに経年並のスレがあるが、総じて良好。


創樹社, 1976

第3刷 | 21x15cm | 318pp. | モノクロ

 
  •   Share on Tumblr