堀野正雄: 日本の写真家12
y0619

堀野正雄: 日本の写真家12

Masao Horino: Japanese Photographer #12

渡辺義男らと共に「新興写真研究会」のメンバーであった戦前の写真家、堀野正雄。代表作の『カメラ・眼X鉄・構成』は、日本写真史上においても記念碑的な一冊として知られる。また、舞台写真、演劇写真を撮っていたことでも知られ、小山内薫主催の築地小劇場等を撮り収めるなど、当時の写真表現の領域を広げることに大きな功績を残した人物。そうした堀野正雄作品を通覧できる一冊。写真術の渡来期から90年代までの日本の写真家たちの営みをたどる全40巻の日本の写真家シリーズ(長野重一、飯沢耕太郎、木下直之らによる編集)からの1冊。ハードカバー。帯付。状態良好。


岩波書店, 1997

初版 | 71pp. | 写真図版数54点 | モノクロ

      
  •   Share on Tumblr