Ralph Eugene Meatyard
b3341

Ralph Eugene Meatyard

ラルフ=ユージン・ミートヤード

ケンタッキーの片田舎で眼鏡屋を営み生計をたてつつ、「ウィークエンド・フォトグラファー」として作家活動を続けたRalph Eugene Meatyardの作品集。彼の作品が放つ不穏さと、ヴィヴィッドな表紙カバーとのアンバランスさがたまらない。Ralph Eugene Meatyardはこの本の完成を待たずに没している。ハードカバー。表紙カバー背ヤケ。年代からすれば良好の域。


Aperture, 1974

初版 | 27x24cm | 136pp. | モノクロ

  •   Share on Tumblr