Catherine Opie
b3438

Catherine Opie

キャサリン・オーピエ

セクシャル・マイノリティらのポートレートで知られるキャサリン・オーピエ(Catherine Opie)。なかでも衝撃的なのは、「PERVERT(堕落者)」と自ら銘打ったセルフ・ヌードポートレート。両腕に28もの針を貫通させ、胸には痛々しく彫った「PERVERT」のタトゥー。頭には空気穴のみあいた拘束マスク…。ポップな色づかいの背景が個人の属性をより増幅させる。他に、フリーウェイ・シリーズや、ロス郊外の住宅地を撮影したシリーズなどを収録する。ロンドン・フォトグラファーズギャラリーでの個展に際して刊行された1冊。ハードカバー。状態良好。


The Photographers' Gallery, 2000

31x22cm | 写真図版数36点 | 56pp. | カラー

  
  •   Share on Tumblr