写真集 秩父機織唄 | 井上光三郎
y0662

写真集 秩父機織唄 | 井上光三郎

Chichibu hataoriuta | Kozaburo Inoue

江戸期より「はた処」として知られていた秩父(埼玉県西北部)。口減らしの為、貧農の家から奉公に出され、機織りの仕事に携わってきた元・機女(はため)たちの写真記録。おばあさん達の回想文が口語(現地のなまり)で掲載され、その韻とリズムになぜかシンミリとくる。「いく年もハタ織りべぇやっているのでヒドッケエ(杼替え)がうまくなって、おミッつあんは、チョッケーが早いと、人が見に来たもんでした・・・」(本文より)。井出孫六、田中雅夫らによるテキスト。ハードカバー。函付属。函の背表紙がややヤケ。


主婦と生活社, 1977

初版 | 25x20cm | 174pp. | モノクロ