モノクローム 時の器 石内都
y0679

モノクローム 時の器 石内都

Time Textured in Monochrome | Miyako Ishiuchi

東京国立近代美術館において1999年に開催された石内都回顧展の図録。石内都の実質的なデビュー作「絶唱・横須賀ストーリー」から、通称「屋内シリーズ」として発表された3つのシリーズ「互楽荘」「Bay Side Coruts」「EMクラブ」。そして自分と同年生まれの女性の手足を写した「1・9・4・7」、祖母の肖像と手足の接写からなる「1899」、舞踏家大野一雄の身体を撮影した「1906」、最後に、身体接写から発展したテーマ「Scar」(傷跡)まで。ソフトカバー。状態良好。


東京国立近代美術館, 1999

日本/英語 | 26x19cm | 写真図版64点 | 107pp. | モノクロ

 
  •   Share on Tumblr