Public Relations | Garry Winogrand
b3824

Public Relations | Garry Winogrand

パブリック・リレーションズ | ゲリー・ウィノグランド

1969年Garry Winograndは「イベントにおけるメディアの影響」というテーマで、政治、スポーツ、パーティーなど様々なイベントに集う群衆の撮影を開始。Tod Papageorgeは、そのスタイルを「散漫(discursive)」と評す一方、港千尋は『画面の中にいくつもの注意点が共存し、一見して等価に見えるが、そこには主題に対する瞬間的な「読み」が編み込まれている』としている。あのJohn Szarkowskiが当惑し、結論を保留したという写真家Garry Winograndの代表作のひとつ。論考をTod Papageorge。ハードカバー。表紙カバーに微小なヨレ。


MoMA, 2004

新版 | 22x29cm | 110pp. | モノクロ

      
  •   Share on Tumblr