虚実空間 都市 有野永霧
a0511 a0511 a0511 a0511

虚実空間 都市 有野永霧

Eimu Arino Photographs: Cities - Space Between Real and Unreal

兵庫県尼崎出身の写真家有野永霧(ありの・えいむ 本名:有野正紀 1941-)の私家版ファーストにして代表作「虚実空間 都市」。中学校教諭を経て70年代から活動している作家で、本書は地元の尼崎、大阪、京都、神戸、名古屋、そしてニューヨーク、ロンドン、パリ、ローマ、フィレンツェといった世界各都市のモノクロストリートスナップで構成されている。都市的視覚効果を巧みに利用した画面構成が光る。有野永霧による直筆サイン入り。ハードカバー。表紙カバーのエッジに微小なヨレ。


エイムプレス, 1983

和英併記 | 24x25cm | 写真図版数94点 | モノクロ

   
  •   Share on Tumblr