ネオ・トロピカリア ブラジルの想像力
b4292

ネオ・トロピカリア ブラジルの想像力

1928年、オズワルド・ヂ・アンドラーヂの「食人宣言」にはじまるモデルニズモ芸術運動、またそれに由来する総合芸術運動「トロピカリズモ」。そしてその精神を継承するかたちで現れた現在の「ネオ・トロピカリア」。東京都現代美術館が最前線のブラジリアン・アートを紹介した展示の図録カタログ。エリオ・オイチシカ、リナ・ボ・バルジ、リジア・クラーク、オオタケ親子など全28組のブラジリアン・アーティストらが登場。ソフトカバー。状態良好。帯付。


エスクァイア, 2008

初版第1刷 | 27x21cm | 213pp.

  
  •   Share on Tumblr