ディアギレフのバレエ・リュス展 舞台美術の革命とパリの前衛美術家たち
b4415 b4415 b4415 b4415

ディアギレフのバレエ・リュス展 舞台美術の革命とパリの前衛美術家たち

Diaghilev's Ballets Russes 1909-1929 Art, Dance and Music

セゾン美術館開催の「ディアギレフのバレエ・リュス展: 舞台美術の革命とパリの前衛芸術家たち」展の展示図録。伝説のダンサー、ニジンスキーを擁し、セルジュ・ディアギレフが率いたバレエ団、バレエ・リュスの華やかな舞台美術や衣装をメインに収録。一條彰子、三浦雅士、鈴木晶、海野弘、芳賀尚子、山口昌男らによる多くのテキスト。バレエ・リュスを知る貴重な資料。ソフトカバー。状態良好。

バレエ・リュス第一期 1909-1913 ベル・エポック末期-東方スラヴからの旋風
バレエ・リュス第ニ期 1914-1921 大戦と革命-モダニズムとの結合
バレエ・リュス第三期 1921-1929 喧噪の20年代 アヴァンギャルドの実験
バレエ・リュスのライヴァルと継承者 人物スケッチ、版画、公演プログラム、資料


セゾン美術館, 1998

26x19cm | 371pp.

    
  •   Share on Tumblr