スキン+ボーンズ - 1980年代以降の建築とファッション
b4488

スキン+ボーンズ - 1980年代以降の建築とファッション

Skin + Bones - Architecture and Fashion since the 1980s

2007年国立新美術館で開催された「スキン+ボーンズ-1980年代以降の建築とファッション」展の図録。80年代以降、人間の身体を守るシェルターとして同じ土台で語られはじめた建築とファッション。それらに共通する特徴を、思想、表面、構成、テクニックなどを切り口に、国内外の作品約230点によって視覚的に検証するという試み。ソフトカバー。状態良好。


国立新美術館, 2007

日本語 | 22x33cm | 294pp. | カラー

  •   Share on Tumblr