1.9.4.7 石内都
a0552

1.9.4.7 石内都

1.9.4.7 | Miyako Ishiuchi

「私の生まれた年が1947年であるという単純な発想によって、この写真は撮り始められた。」という石内都の一文から始まる写真集。40歳を迎えた契機に、石内と同じ歳生まれの知人、友人を撮る予定でスタートしたのだが、やがて見知らぬ人へ、そして手と足と顔を接写したいという欲望へと発展していったという。巻末に石内都、伊藤比呂美、山岸亨子の3者によるテキスト。山岸亨子による構成。木村恒久による装幀。
ソフトカバー。帯付き。小口(天)に黄シミ。それ以外は良好。
石内都による直筆サイン入り。

IPC, 1990

初版1刷 | 日本/英語 | 27x29cm | 98plates | 125pp. | b&w


You cannot copy content of this page