1万5千回の夜の間に 奈良原一高
b0003

1万5千回の夜の間に 奈良原一高

Fifteen Thousand Nights | Ikko Narahara

「(略)早いもので、僕が写真を撮り始めてから41年の歳月が流れた。1万5千回の夜と昼が繰り返されたことになる。時の旅人である写真家は夜の闇の中に発光する時間にも目を開いている…」。モールから刊行された奈良原一高小冊子作品集。ソフトカバー。状態良好。


Mole, 1994

30x22cm | 20pp. | モノクロ

  •   Share on Tumblr