ラブホテルで楽写 | 荒木経惟
a0142

ラブホテルで楽写 | 荒木経惟

Pleasure Shots in Love Hotels | Nobuyoshi Araki

タイトルの「楽写」の由来は、小学館の雑誌「写楽」を、半ば、からかい気味に洒落たもの。これに先立ち、白夜書房の荒木経惟写真集「劇写女優たち」が、小学館刊行の篠山紀信激写シリーズに対する商標侵害にあたるとして、小学館が白夜書房に書面で警告してきたことへの当てつけである。全編荒木経惟とモデルたちとの掛け合いを対談形式で収録する内容。装画・挿画を渡辺和博、装幀を末井昭。ソフトカバー。帯付き。背表紙ヤケ。小口年代なりの黄ばみ。


白夜書房, 1981

初版 | 21x13cm | 249pp. | モノクロ

  
  •   Share on Tumblr