ジャン・アンリ・ファーブルのきのこ 221点の水彩画と解説
b4977

ジャン・アンリ・ファーブルのきのこ 221点の水彩画と解説

Champignons | Jean Henri Fabre

「3.11」以降ホンマタカシが写真作品の題材として取り上げるなど、別のコンテキストも帯びるようにもなった「きのこ」ではあるが、これは「昆虫記」で知られるジャン・アンリ・ファーブルが自ら描いた、かわいいきのこの水彩画221点を集めた書物。科学的資料として描いたものだが、1枚1枚のイラストが瑞々しく美しい。冒頭4分の1ほどは、写真図版やファーブルによる昆虫画・植物画・風景画を交えて、ファーブルの業績を紹介。厚さ5cmの大判画集。ハードカバー。収納ケース付属。ケースに若干の微小な傷の他は良好。


同朋舎出版, 1993

初版第1刷 | 39x31cm | 図版221点 | 446pp. | カラー

  
  •   Share on Tumblr