東大全共闘 われわれにとって東大闘争は何か 撮影渡辺眸 編集東大全学助手共闘会議
b5087 b5087

東大全共闘 われわれにとって東大闘争は何か 撮影渡辺眸 編集東大全学助手共闘会議

Hitomi Watanabe

渡辺眸が、東大全共闘に参加した若者たちのどこかオープンな雰囲気の感じられる日常と、それと対照的なまでに臨場感溢れる闘争の風景とを、見事に切り抜いている。本の第1部を写真、第2部を羽仁五郎らによるテキストが占める。東大全学助手共闘会議による編。渡辺眸は明治大学文学部出身。他に代表作として「新宿コンテンポラリー」「天竺」などがある。当時渡辺は元東大全共闘議長であった山本義隆と親しくしておりその縁でこの撮影記録が残されたのだという。
ハードカバー。帯欠。小口黄ばみ。


三一書房, 1969

初版 | 23x16cm | 238pp. | モノクロ

    
  •   Share on Tumblr