写真批評 No.4 底辺写真の復権 桑原甲子雄+重森弘淹編
b5120

写真批評 No.4 底辺写真の復権 桑原甲子雄+重森弘淹編

Photo Critiques #4 | Edited by Kineo Kuwabara + Koen Shigemori [ed.]

¥ 1,500 + 税

写真評論家として活躍した重森弘淹らが設立の東京綜合写真専門学校が発行の写真批評誌。重森弘淹と桑原甲子雄が責任編集者として名を連ね、日本の写真批評における新たな風土を確立した。1973年4月発行の創刊号から1974年の第7号まで継続。この第4号から隔月誌から季刊誌となる。本書第4号の特集は底辺写真の復権。渡辺克巳の「新宿群盗伝」をめぐって、渡辺克巳、森山大道、西井一夫らが座談会を組んでいる。作家論では、塩原経央による森山大道論(眼の生理)。ソフトカバー。やや黄ばみ。95-96頁の一部に破れ欠け。

他の主なコンテンツ
アバンガルド<と>キッチュ 石子順造
家庭アルバムは底辺なのか 山本明
わたしらの新しい地平を 矢田卓

【メール便可】
メール便送付ご希望の方はお手続きの途中「備考欄」にその旨お書き添えご注文ください。カード決済の場合は一律送料500円との差額をキャンセル処理し、銀行振込の場合は別途総額をお知らせします。尚、ポスト投函の為、追跡不可/保障不可となる点を予めご了承ください。また、複数冊注文により、規定サイズをオーバーした場合はご希望に添えないことがあります。


東京綜合写真専門学校出版局, 1973

21x15cm | 116pp. | モノクロ

   
  •   Share on Tumblr