東京 都市の闇を幻視する | 内藤正敏
b5263 b5263

東京 都市の闇を幻視する | 内藤正敏

Tokyo | Masatoshi Naito

出羽三山、遠野などムラの闇を撮り続けてきた内藤正敏が次に向かった先は、都市の闇だった。「煌々と輝くネオンのすぐ横に、ぽっかりと開いた得体の知れない暗闇が見える・・・この得体の知れない闇こそ、都市の中の闇であり、都市の本質を解くカギが秘められているように思える。」(本書より)。1970-85年の15年間にわたり撮りためた作品。巻末には43頁にわたる『東京論ノート』が添えられる。これは江戸幕府の緻密な呪的都市構造について語った興味深い論考テキスト。ハードカバー。帯付き。表紙カバーに1箇所3cmの切れ。それ以外は良好。中身は未読に近い状態。当時の広告シート付属。


名著出版, 1985

初版第1刷 | 30x22cm | 写真図版数90点 | 221pp. | モノクロ

   
  •   Share on Tumblr