IDENTITES DE DISDERI AU PHOTOMATON
y0116 y0116 y0116 y0116

IDENTITES DE DISDERI AU PHOTOMATON

¥ 5,000 + 税

フランス国立写真センターに於ける展示に際して刊行。19世紀中頃アドルフ=ウジェーヌ・ディスデリ(Andre Adolphe-Eugene Disderi)が発明した名刺サイズ(Carte De Visite)のポートレート写真に始まり、フランス警察のアルフォンス・ベルティヨン(Alphonse Bertillon)が開発した個人識別方、ナチドイツによるユダヤ人の記録写真、そして平凡な証明写真などに至るまで、写真史において様々なかたちで利用されてきた「人物記録」のかたちに焦点を当てた異色の展覧会。ソフトカバー。表紙にヨレ及びエッジに擦れ。最後尾白紙部分に蔵書印あり。


CHENE, 1985

仏語 | 26x28cm | 141pp.

   
  •   Share on Tumblr