考える皮膚 触覚文化論 | 港千尋
a0167

考える皮膚 触覚文化論 | 港千尋

Chihiro Minato

写真家である以前に、該博な知識で武装した都市観察者、港千尋の表象文化論。「群衆論」に次ぐ名著。精神科学の月刊誌「イマーゴ」の連載に、加筆訂正を加えたもの。1993年刊行の初版。ハードカバー。状態良好。

以下目次
現実の刺
痛みのイコノグラフィー
色素政治学
ポストヒューマン
触ることと語ること
夢の皮膚
盲目論I
盲目論II


青土社, 1993

初版第1刷 | 14x20cm | 294pp.

 
  •   Share on Tumblr