Les Photographes de Barbizon La Foret de Fontainebleau
y0118

Les Photographes de Barbizon La Foret de Fontainebleau

フォンテーヌブローのバルビゾン派による写真群

1830-1870年頃にかけてパリの南東フォンテーヌブローに近いバルビゾン村に集う画家たちで構成された芸術サークル「バルビゾン派」。写実的な自然主義風景画を特徴とし、コロー、ミレー、テオドール・ルソーらが有名。これは同サークルに関わった写真家や画家自身らによる写真の数々を詳細な叙述と共に紹介した1冊。これらは19世紀風景写真の貴重なコレクションで、現存するプリントも非常に高値で取引されている。本書収録のものはフランス国会図書館蔵のもの。ハードカバー。表紙開いてすぐの白紙ページに僅かな黄シミ。中身は良好。

Paul Berthier, Karl Bodmer, L.Bonnard, Alfred Briquet, Eugene Cuvelier, Paul Delondre, Charles Famin, Jonn Bulkley Greene, William Harrison, Alphonse Jeanrenaud, Ernest Ladney, Henri Langerock, Gustave Le Gray, Alfred Louviot, Charles Marville, Achille Quinet, Louis Sauvager, Charles Sauvager, Charles Tillot


Hoebeke, 1991

仏語 | 31x25cm | 92pp. | モノクロ

                 
  •   Share on Tumblr