True Color | Mark Cohen
a0617 a0617 a0617 a0617

True Color | Mark Cohen

True Color | マーク・コーエン

Mark Cohenの出身地である東海岸ペンシルバニア州ウィルクスバリ。やはりこの町をモノクロでスナップした作品「Grim Street」と対をなすように、全編カラーで1970年代に撮影したのがこれ。ニュートポグラフィクス展を企画したジョージ・イーストマン・ハウスのWilliam Jenkinsがカラー(恐らくコダクローム)で撮影するよう依頼を出したことがきっかけだという。
可愛らしい地元の子どもたちや市井の人々のスナップであるのだが、ノーファインダーで撮影されたらしく、トルソから首を切ったり、トルソのみだったり、暴力的なまでにフレームが切り取られ、被写体が持つイメージと180度異なるような、ひどく不吉な印象を強く与えている。2012年パリのLE BALでの回顧展が一番記憶に新しいところ。
ハードカバー。状態良好。


powerhouse, 2007

初版 | 英語 | 24x31cm | カラー

  
  •   Share on Tumblr