扉をあけると | 牛腸茂雄 片口安史
a0747 a0747 a0747

扉をあけると | 牛腸茂雄 片口安史

When I open the door | Shigeo Gocho

¥ 54,000(税込)

「この牛腸茂雄作品集の出版の動機には、一般の常識から少しはずれたおかしなところがある(途中略)。その”おかしさ’’というのは、たとえて言えば、嗅覚を失なった犬が一人前の顔をして電柱に小用を足すの図に似ている。」(片口安史)

昭和50年銀座の養精堂画廊における個展「闇の精」で初めて公開された牛腸茂雄によるインクブロット作品群。インクを紙の上に落として、それを二つ折りにして作成したシンメトリーな絵画で、その絵が何に見えるか被験者に答えさせて分析し、性格を理解しようとするロールシャッハ・テストに用いられる。牛腸茂雄が精神世界の深みへと分け入っていった異色作として知られる。片口安史による文章と共に構成。
牛腸茂雄による直筆サイン入り。ハードカバー。表紙開いてすぐの白紙部分及び小口に黄シミ少々。


和英併記 | 20x22cm | カラー

  •   Share on Tumblr