風媒花 原芳市
a0781 a0781 a0781 a0781

風媒花 原芳市

Fubaika | Yoshiichi Hara

「風媒花(ふうばいか)」とは「花粉がもっぱら風に飛ばされて受粉が行われる花」(ブリタニカ国際大百科辞典より)。つまり鳥や昆虫といった動物に依存せず受粉できる植物で、概して目立たない花を持つという。その隠喩的なタイトルが指し示すように、寂れた場末のストリップダンサーや、温泉芸者、踊り子らの姿を中心に、メランコリックな色調でスナップした1978年刊行の私家版。ソフトカバー。原芳市による直筆サイン入り。底部に水濡れ跡。


原芳市, 1978

36x25cm | 写真図版41点 | 88pp. | モノクロ

 
  •   Share on Tumblr