with | Ken Ohara
a0839 a0839 a0839 a0839

with | Ken Ohara

ケン・オハラ

1970年の代表作「ONE」(築地書館)で有名なケン・オハラによる近作。恐らくNDフィルターを用い、1時間のシャッター開放によって撮影されたポートレート群。
「ONE」ではピントが隅々まで合ったクリアーな顔写真が、まるで電話帳のような厚さのボリュームで展開してゆく作品だったが、こちらは、完全に輪郭がぼやけ、背景を手がかりに、観者の脳内で像を結ばせるポートレート作品となっている。ある意味どちらもポートレート写真の両極であるように感じる。各作品の下部には「何時何分から何時何分まで」といった具合にキャプションが記載される。この数字を見ると、1時間ほぼ静止していなければいけなかった被写体の忍耐強さが思い偲ばれる。巻末あとがきなどのテキストも開放撮影による複写という凝りよう。半透明の表紙カバーも、タイトルをぼかす意図なのだろうか?
ハードカバー。半透明表紙カバー付属。状態良好。


Twin Palms, 2005

限定2000部 | 26x21cm | モノクロ

  •   Share on Tumblr