Intended Consequences: Rwandan Children Born of Rape | Jonathan Torgovnik
a0860 a0860

Intended Consequences: Rwandan Children Born of Rape | Jonathan Torgovnik

ジョナサン・トーゴヴニク

1994年ルワンダにおいて、フツ族の過激派が、少数派のツチ族に対して行なった組織的な大虐殺ルワンダ・ジェノサイド。その際、大勢の女性たちが、家族を殺された上に集団レイプを受けた結果、多くがAIDSに感染し、統計に残るだけでも2万人もの子供たちが生まれたという。ニューヨークの写真家Jonathan Torgovnikは、2006年ニューズウィーク誌の取材でルワンダを訪れた際に被害者の一人に出会い、この地に起きた惨状の一片を知る。以後彼は、継続的にルワンダを訪れ、彼女たちのインタビューと、生まれた子供たちのポートレート撮影を試みてゆく。ハードカバー。付属DVDの盤面良好。本体状態良好。


Aperture, 2009

初版 | 英語 | 25x23cm | カラー

     
  •   Share on Tumblr