ウィリアム・ケントリッジ: 歩きながら歴史を考える そしてドローイングは動き始めた……
a0885 a0885

ウィリアム・ケントリッジ: 歩きながら歴史を考える そしてドローイングは動き始めた……

William Kentridge: What We See & What We Know Thinking About History While Walking, and Thus the Drawings Began to Move

南アフリカ共和国生まれのアーティスト、ウィリアム・ケントリッジ(1955-)。木炭とパステルで描いたドローイングを部分的に描き直しながらコマ撮りする手法で、南アフリカの社会状況を織り込んだアニメーションを制作する。フィルム・インスタレーション4点を含む19点の映像作品と、36点の素描、63点の版画を収録。京都国立近代美術館ほかで開催された個展の展覧会図録。ウィリアム・ケントリッジによる直筆サイン入り。ソフトカバー。状態良好。美本。


京都国立近代美術館, 2009

日本語 | 30x22cm | 220pp.